肝斑とシミの見分け方や注意点について

肝斑の悩みnet

見分け方について

美容整形

肝斑とシミ

肝斑とシミは見分けがつきにくいことがあります。肝斑とシミは別物であり、その原因や治療方法も異なってくるものです。そのため、違いをきちんと理解しておく必要があるでしょう。以下では肝斑とシミの特徴について触れていきます。

肝斑の特徴について

肝斑ができる部分は、殆どの場合が顔になります。顔の中でも頬骨といった骨が盛り上がっているような場所や、その付近にできることが多くあるようです。肝斑は境界がはっきりせず、ぼんやりと現れることも特徴となります。必ず左右対称に発生してしまうことも見分けるポイントとなります。

シミの特徴について

シミの形状は様々にあり、小さな粒が発生するようなもの、肌から盛り上がったような形で発生するものがあります。シミができるような場所は様々にありますので、肝斑が良くできるような位置と形状からシミとの見分けを行うようにしましょう。

肝斑の注意点について

レーザー治療が不向きなことも

肝斑はレーザーによる治療が向いていないとされています。肝斑にレーザー治療を行うことによって症状を悪化させてしまったり、かえって色素が濃ゆくなってしまうというトラブルも発生してしまうのです。治療を行う時には、「メドライトC6」と呼ばれる肝斑を除去するのに有効とされているレーザー治療を行うのであれば大丈夫でしょう。レーザー治療を検討する際には大阪の美容皮膚科で良く検討する必要があるのです。

治療は一定期間かかる

トラネキサム酸を利用した治療やメドライトC6による照射を行った場合でも、肝斑を除去する治療期間は一定期間要すると考えておくべきでしょう。効果を感じるためには、治療を続けていくことが大切となるのです。

肝斑の治療から始める

肝斑の治療を始める時には、他にシミも発生しているというケースもあることでしょう。そのような場合には肝斑の治療から始めることが望ましいです。肝斑に対してシミを除去する治療を行うと、かえって逆効果である場合があるからです。そのため肝斑が消えた後にシミの治療を行うようにしましょう。

紫外線対策はきちんと

肝斑の原因として挙げられるのが紫外線となります。そのため肝斑の予防や治療しているような間であっても、紫外線対策はきちんと行う必要があるのです。紫外線は肝斑だけでなく、シミも発生させてしまうので注意が必要です。

洗顔方法を見直す

特に肝斑の治療を行った後は、肌が乾燥しやすくトラブルが発生しやすいものです。肌に強い刺激を与えることによって、せっかくの治療が台無しになってしまうこともあります。したがって洗顔方法を見直す必要があるでしょう。洗顔を行う時には、ごしごしとお肌を洗わないように心がけることが重要なのです。

広告募集中