肝斑が出来やすい人についてご紹介します

肝斑の悩みnet

出来やすい人とは

婦人

女性が多い

肝斑は女性に多く発生してしまうものです。どうして女性に肝斑が出来てしまうのかと言うと、肝斑の原因には女性ホルモンが大きく関係しているからなのです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるものがあります。この中でもプロゲステロンがメラニンの形成を促進させてしまい、肝斑が発生しやくすなってしまうのです。

不規則な生活をしている

生活習慣などによってホルモンのバランスが崩れてしまうと、肝斑が発生してしまうリスクも高くなってしまいます。ホルモンのバランスが崩れてしまうことによってお肌の調子が悪くなるほか、生理による体調不良が重くなってしまうようなこともあるため、まずは生活習慣を見直していくことも大切でしょう。

妊娠・出産をした人

妊娠や出産といったタイミングによって肝斑が発生してしまうようなケースがあります。妊娠している時は、メラニンの形成に関わるプロゲステロンが多くなってしまうためです。出産後にホルモンのバランスが整ってくると、肝斑も消えていくこともあります。しかし妊娠中は肝斑の他にもシミといったトラブルが発生しやすい時期となるため、十分注意が必要でしょう。

肌をこする人

お肌に強い刺激を与えることによって肝斑ができやすくなってしまいます。刺激によって色素が沈着してしまった場合、時間が経っても薄くなりにくいことが特徴となります。肌への刺激はなるべく下げて、色素を沈着させないように心がけていることが非常に大切なのです。もしも肝斑が出来てしまった場合は消すことが困難となってしまうため、大阪の美容皮膚科で治療を行うことをおススメします。

遺伝することも

肝斑は遺伝する可能性も大きくあります。親に肝斑があるという場合には、子も肝斑ができてしまうリスクがあるためなるべく紫外線を浴びないといった心がけを行う必要があるでしょう。特に元々色白であるというような方は要注意です。

広告募集中